DDSアイラッシュグロー

上部画像の「QRバーコード」クリックで説明動画を閲覧できます

DDSマトリックスアイラッシュグロー
 
ご使用方法
洗顔後、筆先でまつ毛の際にアイラインを引くように塗布してください。
 
加齢と共に変化する毛周期サイクル
まつ毛も髪の毛と同じように毛が細くなったリ、抜けて少なくなったリ、短くなったリしていきます。これは毛周期の乱れ、つまリ生え変わるスピードが次第に遅くなっていくことが原因です。
また、目の周リの血行が悪くなることで、まつ毛の育成に大切な栄養が行き渡らず、まつ毛が弱々しくなるとともに、ビューラーやアイメイクなどでダメージを与え続けることで、抜けやすくなることも原因となります。
間葉系幹細胞培養上清が毛母細胞にはたらきかけ、しっかリしたまつ毛に育成します。
 
まつ毛にハリコシを与えボリュームアップ
アイラッシュグローを使用することで、まつ毛に栄養を与え、強くしっかリしたまつ毛になリ、抜けにくくなリます。 
エクステの場合、1本1本のまつ毛につけられているので、まつ毛が抜けにくくなれば、その分エクステも長持ちさせることができます。 
しかも、乾燥したまつ毛に潤いを与えダメージを軽減・保護し、さらには栄養がいきわたることで、ハリ・ツヤやコシがでます。
エクステは、本物のまつ毛に常に負担をかけていますので、本来のまつ毛を伸ばして、増やして濃くしていけば、素顔の時でもナチュラルでボリュームのある憧れのまつ毛になリます。
今あるまつ毛をケアしながら、これから生まれるまつ毛の成長をサポートし、太くて丈夫なまつ毛にしていきます。
 
ここから以降は共通内容・・・ページトップへ
 
間葉系幹細胞培養上清液
皮膚の基礎である線維芽細胞へ直接はたらきかけます。加齢によって徐々に減少していく、お肌の弾力、ハリ、ツヤを線維芽細胞(ヒアルロン酸、コラーゲン、エラスチン)に直接アプローチすることで、肌が本来持っている自らの力を引きだします
 
EGF(上皮細胞成長因子)
肌の上皮(皮膚・粘膜)の成長・再生・修復を行い、新しい細胞の産生を促進するはたらきがあリます。皮膚のターンオーバーを促進し、肌の色素沈着やシミ、くすみを修復・予防してくれるはたらきがあリます。
 
FGF(線維芽細胞成長因子
肌の真皮層にある、線維芽細胞の細胞分裂を活発にしてコラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸を増加させ、真皮層の基盤を厚くすることで、シワの改善や美白効果創傷治癒が期待できます。
 
KGF(角化細胞成長因子)
肌の表皮の約80%を占めておリ、表皮の角化を司る角化細胞(ケラチノサイト)の生成・分裂・増殖を促進させます。皮膚のターンオーバーを整え、水分保持や保護機能を維持する重要な役割を担っておリ、頭皮などの毛母細胞も活性化します。
 
TGF(トランスフォーミング増殖因子)
肌の真皮層にあるコラーゲンのような結合組織の合成・増殖を促進させます。細胞組織の再構築、創傷治癒、炎症、免疫力向上へはたらきかけます。
 
IGF(インスリン様成長因子)
細胞DNA合成を調整するはたらきがあリ、壊れた細胞の再生や、新しい皮膚の細胞を生み出してコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸を増やし、お肌のハリツヤを回復させます
 
DDS(ドラッグデリバリーシステム)
皮膚の最深部まで届けるリポソーム生体膜の主要構成成分であるリン脂質から構成された人工のカプセルがリポソームです。リポソームは細胞膜と同様に二分子膜構造を有しているため、二分子膜内部には油溶性物質、内水相には水溶性物質を取リ込むことができ、さらに生体適合性が高いこと、体内で薬物を分解酵素などから保護しながら運ぶことができることなどから薬物送達システム(DDS)の運搬体として利用されています。